H.I.S.アメリカ発の
総合旅行サイト

 

ツアーコードSEA-MOUNT

【夏季限定】マウントレーニア国立公園日帰り自然紀行

富士山より617m高い、標高4,392m!アメリカ北西部の雄大な自然を体験しに行こう

  • 【夏季限定】マウントレーニア国立公園日帰り自然紀行
  • 【夏季限定】マウントレーニア国立公園日帰り自然紀行
  • 【夏季限定】マウントレーニア国立公園日帰り自然紀行
代金

2019年販売終了。2020年の夏もお楽しみに!

  • 終日/10時間/基本毎日
  • 日本語ガイド
  • シアトル発

現在、販売しておりません

ポイント

  • カスケード山脈最高峰の山、マウントレーニアで大自然を体感!
  • 神秘的な碧色の氷河、色とりどりの高山植物、遠くに連なる山々などの絶景をお楽しみいただけます
  • 野生の鹿やマーモットに遭遇できる可能性もあります!
  • 7月中旬~8月にレーニア山の高山植物が見頃を迎えます。
  • 氷河と冬季の残雪との違いは、実際に見ていただくと一目瞭然です。 氷河の色は、神秘的な碧色を帯びています。

ツアー内容

  • スケジュール

  • 条件

  • 07:30-08:00頃 ダウンタウン内ご宿泊先ホテルへお迎えにあがります
  • 11:30頃 レーニア山 パラダイス ビジターセンターご到着(各自でご昼食)
  • 周辺のトレイル等の散策をお楽しみください。(自由時間)周辺には30分~1時間で歩ける各種ハイキングトレイルがあります。ご希望の方には、ガイドがご案内をさせて頂きます。
  • 15:00頃 パラダイスご出発
  • 18:00-18:30頃 ダウンタウン内ご宿泊先ホテルへお送りします
  • ※7月-8月のピークシーズンは混雑状況によりツアー開始時間が早まる場合がございます、予めご了承ください。
  • 最少催行人数
    2名
    催行会社
    エイチアイエス/ピュージェットサウンド・コーチラインズ/ETC Seattle
  • 食事
    なし
    ガイド
    日本語ガイド
  • ツアー開始時間
    07:30 - 8:00
    所要時間
    10時間
  • 集合時間
    予約確認書でご連絡差し上げます
    集合場所
    ダウンタウン内ご滞在先ホテル送迎可能エリア
  • 解散時間
    18:00頃
    解散場所
    ダウンタウン内ご宿泊先ホテル
  • 料金に含まれるもの
    専用車送迎、日本語ガイド、マウントレーニア国立公園入園料、チップ、税金

ツアー写真

クチコミ

マウント レーニア

jun 60代・女性

投稿日2019.08.17 参加日2019年8月

運転手兼ガイドのけいさんは、運転も上手で、全く車酔いせず、
山の知識も豊富で、アドバイスも的確でした。
帰りにスーパーに寄っていただき、
親切にお手伝いしていただき、とても感謝しています。

変更・キャンセル

  • 催行日5日前より:100%

※規定時間は、出発都市 (シアトル) を基準にしております。

※お名前の訂正にも規定どおりの変更手数料が発生いたします。必ずパスポートどおりの綴りでお申し込みください。

※申込時とキャンセル/変更時での為替差損への責任は負いかねます。

注意事項

  • 当ツアーは6月下旬から9月までの催行となります。
  • シアトル周辺は6月でも気温が低い日が続くことがあり、初夏のレーニア山は残雪も多く、本格的なハイキングができるのは7月下旬以降になることもございます。
  • 6月下旬~7月上旬のツアーは催行は可能ではありますが、このような状況をご理解の上でご参加いただきますようお願い致します。
  • また、気温が非常に低いため、防寒着のご持参をお勧めいたします。
  • 夏場でも残雪があり気温が低いため、羽織れるフリースやウィンドブレーカー等の防寒着をご持参ください。
  • また、晴天時は陽射しが強くなりますので、日焼け止め、サングラスもご用意ください。
  • パラダイス周辺にはたくさんのハイキング・トレイルがあります。
  • 標高差のあるトレイルに挑戦したい方は、ハイキングシューズ等の歩きやすい靴をご準備ください。
  • (30分程度の短いトレイルもありますので、ご希望に合わせてガイドがご案内いたします)

よくあるご質問

Qどんな服装をすればいいですか?

A夏場でも残雪があり気温が低いため、フリースやウィンドブレーカー等、上から羽織ることのできる防寒着のご持参をお勧めいたします。 また、ハイキングシューズ等の歩きやすい靴をご準備ください。

Q必要な持ち物はありますか?

A晴天の場合は陽射しが強くなりますので、帽子や日焼け止め、サングラスもご用意いただくと便利です。 また、水分補給にミネラルウォーター等とご持参ください。

Qお昼はどうすればいいですか?

A道中に立ち寄るスーパーでお好きな物をご購入いただくか、ビジターセンターのカフェテリアで軽食をご購入いただけますので、多少の現金をお持ちください。もちろん、各自お好きなものをお持ちいただいても大丈夫です。

to TOP