ツアー人気ランキング

ニューヨーク市内観光(自由の女神のリバティー島上陸)

毎日催行の人気ナンバー1ツアー。フェリーに乗ってリバティー島へ上陸後、世界遺産でもある【自由の女神】と記念撮影をしましょう!「タイムズスクエア」「グラウンド・ゼロ」「チェルシーマーケット」などのニューヨークの主要観光名所も効率よくまわります。14時半終了予定。

ニューヨーク発ナイアガラ1日観光(マンハッタン・ミッドタウン地区の指定ホテル集合)

世界3大瀑布のひとつ、カナダのナイアガラの滝!ニューヨークからたったの2時間程で目の前に大自然が広がります。滝の見えるレストランでのランチ付きです!ニューヨーク発日帰りの旅・1番人気!

ブロードウェイ・ミュージカルチケット<アラジン>

「アラビアン・ナイト」の物語をもとに、不思議なランプを手にてた若者が、愛する人を守るため冒険に挑む姿を描いたディズニー映画がブロードウェイ化!!チケット会社と連携している為、すぐにチケットの空き状況、料金をご確認頂けます。劇場で直接購入するより安くお買い求め頂けます。

ブロードウェイ・ミュージカルチケット<ライオンキング>

ミュージカルの王道ライオンキング。見どころやっぱりコスチューム。英語が分からなくても見て楽しめるミュージカルです。チケット会社と提携している為、すぐにチケットの空き状況、料金をご確認頂けます。劇場で直接購入するより安くお買い求め頂けます!

上記以外のツアーもございます。
是非ご覧ください。

ツアー一覧はこちら










世界三大瀑布の1つナイアガラの滝での自然体験!ニューヨークから飛行機で片道約2時間
※クルーズ船は2017年4/1~10/31の運行予定です※
ニューヨーク発 ナイアガラ1日観光|ニューヨーク空港 集合・解散

ツアー一覧へもどる


  • 日本語ガイド
  • 食事つき
  • 子供割引料金

本日のレートは1アメリカドル=111.78円です。
上記の日本円表示はあくまでも目安としてお考えください。

クチコミ情報をみる  (2件)

ツアーコードNYC-IAGSA
料金(日本円) 【通常料金】
大人 US$ 437 (¥48,848)
子供[2-11歳]  US$ 417 (¥46,613)
幼児 US$ 25 (¥2,795)
■1名様でお申込をご希望の場合$75追加で参加が可能です。
※ 日本円は目安としてお考えください。
12/26~12/30料金
2017-12-26~2017-12-30
    大人$457 子供$437 幼児$30
所要時間 15-18(時間)
料金に含まれるもの往復航空券、滝の裏側観光またはIMAXシアター入場料(夏季はクルーズ乗船料金)、昼食、日本人ガイド、チップ、税金
食事昼食
催行日日 月 火 水 木 金 土
最少催行人数2人
催行会社HIS,JTB
言語--
ツアー開始時間6:00~09:30頃
集合場所ニューヨーク空港(JFK、もしくはLGA)
解散場所ニューヨーク空港(JFK、もしくはLGA)
キャンセル変更規定申し込み~31日前:無料
30日~8日前:50%
7日前~当日:100%
お名前の訂正にも規定どおりの変更手数料が発生致します。必ずパスポート通りの綴りでお申し込み下さい。

予約する

世界三大瀑布の1つナイアガラの滝での自然体験!ニューヨークから飛行機で片道約2時間
※クルーズ船は2017年4/1~10/31の運行予定です※

■■■■ ニューヨーク空港 集合・解散プラン ■■■■
ホテルからの送迎はいらない!そんな方にオススメします。
ニューヨーク空港集合・解散にすれば、ちょっぴりお得。現地在住の方にも人気のツアー!


言わずと知れた世界3大瀑布のひとつ「ナイアガラの滝」ニューヨークから飛行機で片道約2時間程で目の前に大自然が広がります。壮大な自然の神秘を肌で感じてください。滝の見えるレストランでのランチ付き。
※このツアーは陸路でカナダ入国の為、カナダeTAは2017/1/1時点では日本国籍保持者は不要です。

ナイアガラの滝って?…
エリー湖の水がオンタリオ湖に流れる、その途中に出来た巨大な滝。カナダ側にあるカナダ滝(落差52m、幅675m)、アメリカ側にあるアメリカ滝ブライダル・ベール(2つ合わせて落差34m、幅320m)の3つからできています。カナダ滝のすぐ脇にある展望スポット「テーブル ロック」からの眺めが一番人気。カナダ滝は上から見ると馬の蹄鉄の形をしているため、別名ホースシュー・フォールズと呼ばれています。

■■■ おすすめポイント ■■■
その①ニューヨークから日帰りで世界三大瀑布のナイアガラの滝の大自然体験!
その②滝の見えるレストランにて昼食付き!
その③安心の日本語ガイド


■■■ 季節ごとのおすすめ ■■■
夏季:クルーズ乗船
※クルーズ乗船時は濡れる場合がございます。ビーチサンダル、ハンドタオルなどのご持参をオススメしています。
冬季:滝の裏側、またはアイマックスシアター
※安定した靴底、歩きやすい靴の着用をオススメしています。

■■■ おすすめのお土産 ■■■
メープルシロップアイスワインを使った商品(チョコレート、クッキー、紅茶、キャンディーなど)
※アイスワインとは…氷結した葡萄から作られるワイン。収穫量も少なく、一般的に高価とされています。







空港までの送迎が必要ない方は空港集合プランがオススメです
詳細は下ボタンをクリック♪



★ご出発前のCheck List! チェックリスト!★
1)パスポートはお持ちですか?
2)カナダ入国、アメリカ再入国に問題はないですか?
※現在カナダeTAは陸路で入国する場合は日本国籍の方は不要です。こちらのサイトより国毎にお調べ頂けます。
3)観光VISAでアメリカに入国、またはご滞在されていますか?→→→「いいえ」→→→①へ
4)お連れ様に18歳未満のお子様はいらっしゃいますか?→→→「はい」→→→②へ

①日本国籍以外の方/観光VISA以外でアメリカに入国、滞在されている方
最近ビザの不備等でカナダに入国いただけない方が増えております。
カナダ入国に関しての詳細はお申し込み前に、ご自身で必ずご確認下さいますようお願い致します。
■参考ウェブサイト:よくある質問:日本に居住している方

②18歳未満のお子様とご参加される保護者の方
カナダ外務国際貿易省(Foreign Affairs and International Trade Canada) に基づき、
18歳未満のお子様と同行者様の苗字が異なる場合、及びご両親が揃われない状態でカナダ入国する場合には、
保護者による渡航同意書の提示が求められる場合がございます。
ツアー出発日までにご同行されない保護者による渡航同意書(英文) とその方のパスポートのコピーをご用意下さい。
■参考ウェブサイト:18歳未満の子供のカナダ入国について
■参考ウェブサイト:同意書サンプル

※各種VISAや入国審査に関する専門的なご相談は承る事が出来ません。必ずご自身でお申し込み前に専門機関(VISAをサポートしている学校、企業等。またはアメリカ移民局やカナダ大使館)までご確認下さい。書類不備により入国審査を通れなかった場合にも弊社は責任を負いかねます。ツアー一部にご参加頂けない場合にも一部返金は出来かねますので、予めご了承下さいませ。

スケジュール

6:00-9:30頃ジョン・F・ケネディー空港、もしくはラガーディア空港にてご自身でチェックイン
 ご出発1.5時間前には必ずチェックインのお手続きをお済ませください。
 空路にてニューヨークの空港からバッファロー、又はロチェスター空港(米国ニューヨーク州)へ
 バッファロー/ロチェスター空港 到着(セキュリティゲート付近で係員がお待ちしております)
 日本語ガイドと共に陸路にて国境を越えカナダへ入国
 ナイアガラの滝 到着
 主な見所:テーブルロック見学、滝の裏側トンネル又はアイマックスシアター(冬季)、クルーズ乗船(夏季)
 滝の見えるレストランにて昼食
 日本語ガイドと共に陸路にてバッファロー/ロチェスター空港へ(途中アメリカ再入国・税関手続き)
 バッファロー/ロチェスター空港から空路にてニューヨークへ
19:00-23:30頃ジョン・F・ケネディー空港、もしくはラガーディア空港ご到着、解散

備考

  • 【催行日】
    毎日(11/1~11/30、3/1~3/31:火・木~日のみ催行、12/1~12/24、1/6~2/28:火・木・土・日のみ催行)
    不催行日:11/23、11/26、12/25
  • フライト状況、交通状況などによりスケジュールが変更になる場合がございます。
  • 2名様以上でご参加の場合、飛行機内の座席が離れた席になることがございます。
  • 利用空港は、基本的にはジョン・F・ケネディー空港/バッファロー空港となりますが、繁忙期にはラガーディア空港/ロチェスター空港のご案内となることもございます。利用空港は予約確定時のご案内とさせていただきますので、ご了承の上お申込ください。
  • 日本語ガイドが同乗の上、他国語(英語・スペイン語・イタリア語等)のツアーのお客様と同じ車両にご乗車いただき、観光していただく場合がございます。
  • お荷物は小さくまとめて機内にお持込みをお願い致します。万が一お荷物を預けられる場合の追加料金はお客様負担となります。なお、お預け荷物が紛失した場合、ガイドは紛失届けのお手伝いは出来かねます。また弊社では責任を負いかねますのでご了承ください。
  • 間際でのお申し込みの場合は航空券高騰等の理由で通常料金でご案内が出来ない可能性がございます。
  • フライトの遅延、交通渋滞などの理由により滝が見れるレストランにて昼食がお取り頂けない場合がございます。その際代替レストラン、またはお弁当になる場合がございますが、その場合でも返金はございません。
  • こちらのツアーは陸路にてカナダに入国いたします。日本国籍のお客様は電子渡航認証(eTA)の申請の必要はございません。(2017/07現在)
  • フライトの遅延、時間変更、欠航、復路交通手段の変更による返金はございません。
  • 幼児のお客様がご参加の場合、保護者の方確認のため空港でのチェックイン時にカウンターにお並び頂く場合がございますので予めご了承ください。
  • 【お申込時】
    ●フライトを利用するツアーとなりますので、ご予約時にはご参加者のパスポートと同じ氏名、性別、生年月日が必要となります。お申し込み後に訂正が必要の場合、変更手数料が発生いたします。
    ●フライトの遅延やキャンセルなどが発生する可能性があります。翌日に移動(特に帰国)予定のお客様には他の日程にてご参加される事をお勧めしております。移動日前日にご参加ご希望の場合は、リスクをご了承頂いた上でお申込みください。
  • 【集合時間・場所に関して】
    ●ニューヨークからのフライト出発時間は06:30~09:30頃となります。集合時間・場所に関しましては、ご参加日の約2週間前にご連絡差し上げます。
  • 【アメリカ出・入国に関して】
    カナダに入国しますので有効なパスポート、観光ビザの方は、ESTA申請番号が記載されているページの写し、又は申請番号控えをお持ちください。観光以外のアメリカ滞在目的で特別なビザ(学生ビザなど)をお持ちのお客様や外国籍をお持ちのお客様は必ずご自身にてビザの確認をお願い致します。ビザの関係でカナダに入国出来ない事がございます。その場合はアメリカ側で離団して頂きますがご返金はございません。
  • 【お子様(18歳未満)のご参加について】
    カナダ外務国際貿易省(Foreign Affairs and International Trade Canada) に基づき、 18歳未満のお子様と同行者様の苗字が異なる場合、及びご両親が揃われない状態でカナダ入国する場合には、保護者による渡航同意書の提示が求められる場合がございます。ツアー出発日までにご同行されない保護者による渡航同意書(英文) とその方のパスポートのコピーをご用意下さい。
  • 【参加当日】
    ●ツアーはスケジュールどおりに出発致しますので、時間に余裕をもってお集まりください。
    ●空港チェックインの後は各自でセキュリティーを通過し、搭乗頂きます。チェックイン後の空港内での再集合はございません。
    ●往復の飛行機での移動中はガイドは同行致しません。
  • 【復路フライトの遅延、欠航】
    ●同日のフライトに変更が出来ない場合、翌日のフライトに振り替えになる場合があります。その際の宿泊代金はお客様負担となります。
    ●公共の交通機関(長距離バス等)でニューヨークまでお帰り頂く場合がありますが、その際ガイドは同行致しません。
  • H.I.S.のウェブサイトをご覧頂いているあなたへ!ブルーミングデールズの10%割引パスはこちらから ≪≪☆10%割引パスが使える「ブルーミングデールズ」ニューヨーク・59thストリート店☆ニューヨーカーから愛され続ける老舗デパートで、カジュアルから高級までとにかく何でも揃います!お勧めはNY発のスキンケア用品♪ Kiehl's Since 1851(キールズ)やMALIN and GOETZ(マリン&ゴッツ)などなど。ただし、コスメティックは200ドル以上購入した場合のみ割引適用です。

予約する

よくあるご質問

Q1:出発する空港はどこですか?
通常はジョン・F・ケネディー空港、又はラガーディア空港です。 
Q2:集合時間に幅がありますが、具体的な出発時間などは決まっていないのでしょうか?
日によって違うフライトを利用している為、どうしても集合時間に幅が出てきてしまいます。 集合時間は約2週間前にこちらから
ご連絡させて頂きます。
Q3:朝空港で朝食を取る時間はありますか?
カフェやファーストフード店などで朝食をお取り頂けますが、当日のフライト状況によっては余りお時間が無い場合もあります。
Q4:パスポートは絶対必要ですか?
カナダに入国しますので必ず必要です。ちなみにカナダ入国の際に必要なパスポート期限残は短期旅行者で日本国籍をお持ちの場合【カナダ出国予定日+1日以上】あれば問題ないとの事です。
Q5:カナダ入国にカナダのeTAは必要ですか?
このツアーは空路ではなく、陸路でカナダに入国するため、3/15/2016から現在まで日本国籍の方は陸路でのカナダの入国にはeTA(Electronic Travel Authorization)は不要です。
他の国籍のお客様はカナダ大使館サイト:http://www.cic.gc.ca/english/visit/visas.aspにてご確認頂けます。
Q6:片親同意書が必要となるのはどういう場合ですか?
未成年のお子様のみ、又は両親とではなく片親との参加、両親ではなく祖父母等の保護者との 参加、未成年のお子様と同行者様の苗字が異なる場合はカナダ外務国際貿易省の規定によりカナダ入国の
際に保護者による 渡航同意書(英文) の提示が求められる場合がございます。ツアー出発日までにご用意下さい。詳しくはカナダ政府サイトにてご確認頂けます。http://www.cic.gc.ca/english/visit/minors.asp
Q7:マンハッタン内の指定ホテルとはどこですか?
基本的にはヒルトン・ニューヨークホテル、グランドハイアットとなります。 どちらになるかはお客様のご宿泊先から一番近い集合
場所を設定させて頂きます。
Q8:車椅子で参加する事はできますか?
折りたたみ式の場合で介護される同伴者がおられる場合はご参加
頂けます。ご予約時にサイズをお知らせ下さい。
ガイドは法的上安全面から介助できません。
Q9:ベビーカーを持って参加する事はできますか?
折りたたみ式の場合はお持ち頂けます。ご予約時にサイズをお知らせ下さい。
Q10:アメリカ側からナイアガラの滝は観光しますか?
アメリカ側からは観光せず、見ごたえのあるカナダ側からの
ナイアガラの滝観光となります。
Q11:昼食はどこで取りますか?
アメリカ滝とカナダ滝両方が見えるホテルの展望レストランでの
ビュッフェですが、フライト 大幅遅延等やむを得ない事情で時間が無い場合はお弁当をご用意する事もあります。
Q12:気候と服装はどうすれば良いですか?
●5月~9月:比較的過ごしやすい季節です。滝付近、日陰、朝晩は
肌寒く感じることもあり、又屋内は冷房が効いていますので薄手のジャケット、カーディガン等があれば便利です ●10月~5月:10月頃から寒くなってきます。ジャケットやセーターが必要となります。又真冬は 極寒となりますので、防寒具(ニット帽、マフラー、手袋など)をご用意下さい
Q13:スーツケースを持って参加できますか?
大きなお荷物はお持ち頂けません。
Q14:スカイロンタワー、ミノルタタワーは登りますか?
非常に混んでいるため登りません。 昼食を取るホテル内レストランから滝の全貌をお楽しみ下さい。
Q15:遊覧船観光中に濡れますか?着替えは必要ですか?
使い捨てのポンチョが支給されますが、船上の場所によっては足元が濡れる事もあります。
Q16:遊覧船以外でアトラクションに自分で参加する時間はありますか?
あいにく1日観光では他のアトラクション用の時間はありません。
Q17:カナダ側でアメリカドルは利用できますか?
ご利用いただけますが、換算レートが割高になります。
※小売店によってはアメリカドルが利用できない店舗もございます。
Q18:おすすめのお土産はありますか?
メープルシロップやアイスワインを使った商品などがございます。※アイスワイン・・氷結した葡萄から作られるワインで収穫量も
少なく一般的に効果とされています。尚、ワインは荷物預け入れの梱包ができる専門店には立ち寄らない為ご購入頂けません。<預け
入れ荷物があればニューヨーク空港到着後にバッゲージクレームで時間を要し、他の預け入れの無いお客様との混載の復路送迎の集合に大幅に遅れる為です。ミニチュアサイズは容量によってはお持ち帰りいただけますが、機内持ち込み可能な液体容量については、
予め事前にTSAの基準をご確認ください。また日本への発送は
おうけできません。
カナダ側の国境はこの橋(レインボーブリッジ)の左側!
滝の見えるレストランでのランチタイム。
ランチはバッフェ形式
デザートもたくさん食べてください。
【夏季】クルーズ船に乗っていざ出発!
もはや「霧」ではなく「しぶき」です!!!
地上と川の高低さも結構あります。
アメリカ側にあるアメリカ滝、ブライダル・ベール滝
カナダ側にあるカナダ滝(やっぱり迫力のあるメインの滝はこちら!)
滝つぼに水が落ちる瞬間が見えちゃいます。
テーブルロック周辺
【冬季】白い雪景色の中の滝は幻想的です。
【冬季】端にツララが!でも、滝全体は凍りません。
【冬季】滝の裏見学。
【冬季】実は滝の裏はこのような洞窟になっています。
【冬季】凍った水が洞窟の中まで!

クチコミ

>>もっとみる

ツアー一覧へもどる

上にもどる↑

商品名ニューヨーク発 ナイアガラ1日観光|ニューヨーク空港 集合・解散

参加日2017年 10月

何度来ても大満足!!

by ナイア柄|2017.10.10

先週末、ナイアガラの滝の日帰り観光ツアーに参加しました。ナイアガラは10年以上前の夏、一昨年の冬、今回は秋、と3回目の観光でした。ナイアガラはどの季節も滝の水量が変わらないという、世界でも珍しい滝なのだそうです。水量は同じなのに、いつの季節も違った姿を見せてくれるので毎回期待に胸が踊ります。初秋だったので、所々紅葉が見れたのも今回の旅の醍醐味でした。
 
私が参加したツアーの行程をご紹介します。フライトはJFK空港 朝6時発のjetBlueでしたが、この便は別の機会でも使ったことあるのですが、いつも混雑します。空港には2時間前に余裕をもってご参加されたがよいです。往路は1.5時間ほどJFK空港からバッファロー空港に到着しました。
 
空港に着いて現地のガイドさんと落ち合い、バスで約40分かけてアメリカ側のプロスペクト・ポイント公園に到着しました。2017年10月現在、公園は工事中でした。午前中は小雨が振って曇天でしたが、その曇天と滝の水量の激しさが重なり、なんとも言えない迫力があってこれはこれで楽しめました。その後、雨ガッパを着て霧の乙女号に約20分ほど乗船しました。船はアメリカ滝・ブライダルベール滝とカナダ滝の付近までゆっくり近づいてくれるので、写真撮影はしやすいです。滝の写真撮影ポイントは船の正面ではなく、左右がお薦めしますです。場所取りは早い者勝ちですね。カナダ滝はずぶ濡れになりますので、顔・袖はなるべく奥まで隠してください。雨カッパは足先までは届かないため、最悪の場合、靴に水が染み込みます。どうしても濡れたくなければ、少し景色が見えづらくなりますが、1階に避難されることをお薦めします。乗船後は、展望タワーに登ってそこからナイアガラのレインボーブリッジや滝が一望できます。
 
乗船後、バスでカナダ側の国境を超えて検問で下車し、パスポートを見せて英語で質問を受けます。英語がわからなくても日本人のガイドさんがサポートしてくださるので皆さんスムーズに通過できました。搭乗者のチェック後は、バスの中まで細かくチェックされます。それが終わったらいよいよカナダに入国できます。入国後、「斎藤さん」というお店で約20分ほどお土産の買い物時間があります。お菓子売り場などでは専門の係の方が大勢いて、お菓子のことだけでなく出国時の液体関係のチェックに関しても詳しく説明してくれるので大変助かります。メープルシロップなどは袋とじで検査にも問題なく通れるように丁寧にパックされています。お会計もUSドルだけでなく、日本円も使えます。ツアー全体を通してお土産を買う時間がないものの、仮に時間があったとしてもお土産自体はここで購入されるのをお薦めします。
 
お土産購入後は、シェラトンホテル13階のレストランで約45分のビュッフェ形式の昼食が楽しめます。早朝6時のフライトで 機内で軽いお菓子と飲み物は出たものの、それ以外は何も口にしていなかったため、お腹ペコペコでした。満腹になるまで食べましたが正直、味は普通でした。午後1時になって急に天気が回復し、晴天となりました。レストランの奥にベランダがあり、そこから綺麗なナイアガラのレインボーブリッジ、アメリカ滝・ブライダルベール滝、カナダ滝が見えて大満足でした。
 
昼食後、バスでカナダ側のテーブルロックに行き、約25分ほど大迫力のカナダ滝を間近で堪能しました。晴天の上に虹も出ており、最高の写真が撮影できました。ただし、滝付近は観光客で溢れ返っていますので、少し写真撮影がしづらいと感じました。正直、カナダ滝にはもう15分ほど時間がほしいなと思いました。
 
帰りも行きと同じで、カナダの検問でパスポートを見せて英語の質問を受け、バスのチェックが入ります。行きと同じくスムーズに済んだので、15分ほど時間が空きました。ガイドさんが気を利かせてくれて、ゴートアイランドからのアメリカ滝も見に行くことになりました。1日に3回も滝を見れて大満足の旅でした。
 
運悪く、バッファロー空港で2時間のフライト遅延となりましたが、その間ガイドさんが教えてくださった「バッファローチキン発祥のお店(ANCHOR BAR)」で辛めのバッファローチキンを楽しみました。
 
ナイアガラは自然の産物なので、旅の良し悪しはどうしても天候に左右されるところが大きいですが、それでもまた来ようと思わせてくれるのがこの滝の魅力なのだと改めて思いました。7~9月がピークとのことですので、ピークを外すと今回のように時間が空いてちょっとしたおまけがついてくるかもしれません。ガイドなしで来るのはなかなか厳しいので、ツアーに参加されることをお薦めします。

商品名【ニューヨーク空港集合】 ナイアガラ1日観光

参加日2016年 5月

ナイアガラ観光

by Hanae Abe|2016.05.09

滝の威力にはとても感動しました。
ガイドさんにもいろいろと説明いただきましたが、話が飛び飛びになったり、途切れることも多かったのが残念でした。

とじる