ツアー人気ランキング

ボーイング工場見学ツアー

世界最大の「ボーイング社」飛行機組立工場を現地係員と共に見学をします。 2005年12月より「Future of Flight」のギャラリーがオープンし、従来の工場見学だけでなく、ギャラリーも楽しめます。 工場見学は一般公開されている場所をボーイング社のスタッフがご案内いたします。現地ガイドもツアーに同行いたしますので、日本語での解説も行います。

シアトル半日市内観光

シアトル発祥の地、*パイオニアスクエア(車窓見学)や*スターバックス1号店もあるパイクプレイス・マーケット(下車見学)、ホーム球場近くの*スポーツ店(野球・サッカー・アメフトグッズが揃ってます!)、*ブルースリーの墓地、*ワシントン大学*トロール*チョコレート工場オーガニックチョコの元祖(テオチョコレート)*ケリーパークなどを専用車でご案内します。*ツアー終了後のさらにスペースニードル*ウエストレークセンター*パイクブリューワリー*ご滞在ホテルの4箇所から下車場所がお選びいただけます! マイクロソフトの創設者、ビル・ゲイツ氏を始め、スターバックス、高級デパート、ノードストローム、コストコ、アマゾンドットコム等名だたる成功ビジネスの創始者を輩出した街、彼らが愛し、今なお住み続ける自然と都市が調和した美しいシアトルの秘密をあなた自身で体感してみてください。

シアトル・ウォーキングツアー

水と緑に囲まれた自然豊かなシアトルの街並みを、ローカルっ子気分で歩いてみませんか? イチロー選手や城島選手の活躍する、シアトル・マリナーズの本拠地、セイフコ球場や歴史的な建物が立ち並ぶ、シアトル発祥の地、パイオニア・スクエア、全米最古の市場、パイクプレイス・マーケットやスターバックス1号店など、シアトルの見所を徒歩、公共メトロバス、モノレールで効率よくご案内いたします。

ボーイング工場見学と航空博物館ツアー

世界最大の「ボーイング社」飛行機組立工場と航空博物館の見学。航空博物館では、航空機開発の歴史や大統領専用機エアーファース・ワンやコンコルドの実物機など珍しい飛行機を見ることができます。航空機マニアでなくても見逃せないツアー!

ウッディンビル・ワイン・テイスティングツアー

グルメの街シアトルの食文化に欠かせないのが、 最近、全米のみならず世界中から注目を集めているワシントン産ワインです。 ワシントン州は、カリフォルニア州に次いでワインの生産量全米第2位を誇ります。 ワシントン州のワイン産業の歴史はわずか50年ほどですが、 年間生産量は1200万ケースを超え、大小750以上のワイナリーが存在し、 さらに15日ごとに新しいワイナリーが誕生していると言われるほど、 熱狂的なワインブームが続いています。 その最大の理由は、ワイン作りに最適なワシントン州の立地条件です。 東部に広がる葡萄の産地は、 ①フランスのボルドーやブルゴーニュ地方とほぼ同緯度に位置 ②カリフォルニア州よりも夏の日照時間が平均2時間も長い という好立地で、高品質な葡萄を生み出す理想的な条件を備えています。 さらに、火山灰とミズーラ洪水によって形成された豊かな土壌が、 独特の芳香と風味を生み出しています。 そんなワシントン・ワインの魅力を凝縮し、 ワインを愛して止まない人々に極上のワインを提供している場所がウッディンビルです。

上記以外のツアーもございます。
是非ご覧ください。

ツアー一覧はこちら







シアトル

クレジットカード【お金】

アメリカはいわずと知れたクレジットカード社会。コンビニからスーパーまでどんな店でもクレジットカードで買い物できる。
アメリカ人は、現金をそれほど持ち歩かないので、へんに現金をちらつかせると返って危険だったりする。

ホテルのチェックインのときにも、クレジットカードがないと多額の保証金を取られることになり、又、レンタカーはクレジットカードが無いと、例え予約が入っていても借りられなくなるので注意が必要である。

クレジットカードを持っていない人は、この機会にぜひ1枚作っておこう。

電圧【旅の準備】

アメリカの電圧は120ボルト、日本は100ボルト。20ボルトの違いなので、それほど心配はいらない。

しかしわずかでも規定量より多くの電流が流れているので、まれにだがドライヤーが過熱してしまうケースもある。もし日本製の電化製品をそのまま使うなら、長時間の使用は避けて、こまめに電源を抜くといった工夫をしたい。

変圧器を使用すれば日本製の電化製品も問題なく使うことが出来る。但し、アメリカ国内では、日本製への対応可能な電圧器の入手が難しいので、必要な場合は日本で購入してこよう。

単位【旅の準備】

アメリカは、メートル法ではないため、見慣れない単位に驚く事も。。。
大体の目安として覚えておくと便利。

1インチ=2.54cm
1フィート=0.3048m
1ヤード=0.9144m
1マイル=1.6093km
1エーカー=4046.9平方メートル=1226坪
1ガロン=3.785リットル
1クオート=4分の1ガロン=0.946リットル
1パイント=2分の1クオート=0.473リットル
1オンス=1/16ポンド=28.35g
1ポンド=0.4536kg
摂氏C=(華氏F-32)/1.8
1スクエアフィート=0.0929平方メートル=0.028坪
1立方フィート=0.0283立方メートル

【旅の準備】

一般的な風邪薬や胃腸薬などはドラッグストアーで処方箋無しでも購入が可能。ただし、薬によっては日本人に少し強すぎる事もある為、常備薬以外にも、風邪薬などは日本から飲みなれた物を持参した方が安心だ。

旅行用品【旅の準備】

◆スーツケース

航空会社はスーツケースが使えなくなる程の破損ではない限り、傷や凹みの保証はしてくれない。

飛行機の預け荷物はかなり乱暴に扱われる事も多く、傷や凹みが生じる事は往々にしてあるので、心配なら予め荷物の損傷もカバーされる保険に加入してこよう。


又、現在テロ対策の為に、アメリカ航空局によるスーツケースのランダムチェックが行われている。鍵のかかったスーツケースでは鍵を壊してあけて確認するものの、この場合の保証はされないので、鍵をかけずに預ける必要がある。内臓式の鍵を壊されてしまうと、帰りのフライトでスーツケースが使い物にならず、新に購入しなければならないケースも多発しているので、注意が必要だ。尚、「FAA(航空局)認定の鍵(FAAスタッフが合鍵を持っている)」というのも売られているが、短時間に大量のチェックをするためか、合鍵を使わず、壊してあけるケースが目立っているので、鍵はかけないほうが無難だ。



いずれにしても、スーツケースの中に貴重品を入れることはさけよう

持込制限【旅の準備】

持込制限

個人で使用する化粧品や医薬品でも携帯輸入には制限があり、内服薬は原則として2ヶ月分以内、外用薬、化粧品は2ダース(24個)以内となっている。もちろん、麻薬は禁止で見つかると厳しく法で罰せられる。
また、ワシントン条約で絶滅寸前の野生動物の輸出入やそれらを加工しているバッグ、ベルト、財布、毛皮なども禁止

輸入が禁止されている品物
・拳銃、銃砲弾や麻薬、大麻、覚せい剤など
・偽造品の通貨または証券
・わいせつビデオや雑誌
・偽ブランド品
輸入が規制されている品物
・ワシントン条約該当物品
・銃砲、刀剣類
・個人の医療品、化粧品

免税の範囲【旅の準備】






品名数量備考
酒 類3本1本760cc程度のもの
タバコ紙巻200本 外国製、日本製ともに紙巻200本又は、葉巻50本、その他の種類250g。

2種類以上を持ち込む場合は総重量が250g以内。
葉巻50本
その他250g
香 水2オンス 約50g
上記以外の品目購入価格の合計で20万円相当 1品目につき1万円以下の物はこの合計に含めないで免税扱いとなる。

チップ【お金】

日本にチップの習慣がないせいでついついケチりたくなるのがチップだが、サービスに満足したら、「チップは気風の見せ所」と思って気持ちよく渡したい。
たとえば、レストランで日本人観光客がいつも気前よくチップを置いていたら、日本人のお客さんが来るたびにサービスがよくなるのが人情というもの。ひどいサービスを受けてまで払う必要はないが、それなりのサービスを受けたなら、感謝の気持ちは忘れずに残したい。
なかには小銭がよくわからないからと、余った小銭をジャラジャラと置く人がいるが、これは失礼と言うもの。
1ドル札は日本円にしてわずか100円前後。どんな場合でも、チップはお札で最低1ドル以上が礼儀。

◆レストラン
チップが必要ないのは、料理の受け取りからトレイの後片付けまで自分でするファストフード店だけ。それ以外のレストランでは、基本的にチップが必要だ。伝票を受け取ったら必ずオーダーに間違いがないかチェックして、税金(TAX)が含まれる前の総額に、朝食、ランチなら15%程度、ディナーなら20%程度を置いておく。といってもこれはあくまで目安なので、電卓を使ってきっちりと15%を計算する必要はない。

たとえば、コーヒーしか飲まなかった場合は、$3.50だとしても、やはりチップは$1残そう。

◆支払い方法
たいていウエイトレスが支払いまで面倒を見てくれるので、伝票を受け取ったら現金あるいはクレジットカードを伝票と一緒においておく。そうするとウエイトレスが清算して、お釣りあるいはクレジット伝票を持ってくる。
現金でチップを渡す場合は、伝票が入っていたトレイに置いて帰る。
クレジットカードで渡す場合は、清算して持ってきたクレジット伝票の「TIP」の欄に渡したいチップの額を書きこみ合計を出す。
クレジットカードで払うのであれば、チップも一緒に書きこむほうが便利。 現金で渡したいのに適当な紙幣がない場合がある。たとえば、二人で$20だったから$3でいいのに、手元に$10紙幣以上しかないとき。ウエイトレスに現金で支払うと、たいていはチップを残しやすいように$1札などを混ぜてお釣りを持ってくるのだが、たまたまどうしてもなかったら、ウエイトレスに言って両替してもらえばいい。同じ$3でも、小銭をかき集めて支払うのは失礼に当たるので要注意。

◆ホテル
ルームサービス
ルームサービスを頼んだらやはり15%程度のチップは必要。
ただし伝票にすでにサービス料が含まれている場合は必要ないので、よく伝票を見て確認しよう。


◆ベルボーイ
荷物を持ってきてもらったら、荷物ひとつにつき$1を渡す。
スーツケース程度なら$1でいいが、とくに重たかったり大きな荷物がある場合はいくらか多めに。

◆タクシー
タクシーも料金の15%程度のチップが必要だ。たとえばメーター料金が$20だったら、$23渡せばいい。$1札の持ち合わせがない場合は、$25渡して、「Give me 2 dollars back, please」と言って2ドルお釣りを貰う。メーター料金が$17なら$20渡して「Keep the change」と言い、お釣りを取らないのがスマートな渡し方。 とくに大きな荷物を持っていたり、荷物が多い場合は多めに渡そう。

◆美・理容院
長旅の途中にはヘヤカットに行きたくなることもある。ここでもチップは必要だ。カットが終わったら会計で支払い、担当の美容師に15%程度のチップを渡す。クレジットカードで払う場合は、もしチップが$5なら、「Will you add 5 dollars?」と言って、5ドルをカードの総額に足してもらってもいい。

レンタカー【】

レンタカーで最も注意が必要なのは、25歳未満には貸してくれない会社がほとんどであることだ。予約の時点では年齢が明確でない為に受け付けてしまうこともあるが、いざ借りる段階になって、IDを確認した後に断られる事も充分ありうるので25歳未満の場合は事前に確認が必要だ。

シアトルのレンタカー会社は、基本的には日本の免許証での受付はしていない。まれに、日本の免許証で貸し出しをする場合があったとしても、州法上1年以内のワシントン州滞在で日本の免許証だけで有効となってるが、証明する書類などが必要になるので、レンタカーを借りる予定のある人は必ず国際免許証を持ってこよう。(ワシントン州法上では国際免許証無しでもいいが、他州へ行く場合はそれぞれ州法が異なるので確認が必要)

運転の際は、国際免許証、日本の免許証、ID(身分証明書)であるパスポートの3点セットを携帯することが必要。国際免許証が無い場合は1年以内の滞在である航空券または証明書が必要。(国際免許証はIDにはならない。又、パスポートのコピーもIDとしての効力はないので注意)

交通機関【交通機関】

シアトルの交通機関は充実している。
空港からはタクシー、電車、シャトルサービスでダウンタウンまで行くことができる。
タクシー 約$50~$60   所要時間 約30分
電車   子供 $1.50
大人 約 $2.25~$3.00 (距離により異なる) 所要時間 約40分
シャトルサービス 約 $30~$40   所要時間 約60分
☆ダウンタウンではバスで町全体を観光することができる。
乗り方
前のドアから乗車し、運転手の横にある清算機でお金を払いチケットをもらう。
料金は前払い制で時間帯によって異なる。
料金 子供(6-18) $1.50 大人 $2.50~$3.50

H.I.S. シアトル支店では空港、シアトルダウンタウン間の日本語送迎サービスをお一人様$60より承っております。

  • 1

上にもどる↑

とじる